着物好きの人におすすめの訪問着

訪問着は未婚・既婚を問わず着られますので、着物好きの女性は是非用意しておきたい一品です。振袖が大人としてのデビューを華やかに彩る衣裳であれば、訪問着は落ち着いた大人の女性の美しさを醸し出すお召し物と言えます。お祝いの席は勿論、柄の位置の決まった色留袖と違い、カジュアルな場面にも着て行けます。色柄も紋を付けて色留袖と同じくらいの高い格で着るものから、華麗さを愉しんでお洒落に着こなすことも可能です。また大島紬や結城紬など紬生地の衣裳になるとよりお洒落によりカジュアルに装うことが出来る衣裳です。色柄の選び方、帯や帯揚げ帯締めの合わせ方で年代も幅広く切る事が出来るので、箪笥にに納めて長く着ることの出来る着物です。振袖の次に是非用意したいものです。

訪問着を着て行く機会は意外に多い

お祝いごとの席ならば着て行って間違いありません。兄弟や友人の結婚式の披露宴もその一つです。肩から胸そして裾に続く華やかな絵羽柄の衣装は、お祝いの席にぴったりです。どんな洋服の装いも和服の姿には敵わないと良く聞きます。披露宴に和服姿で訪れてくれるお客様がいらしたら、その結婚式の格が一段上がるような気がします。日本古来の民族衣装にはそんな力が感じられます。結婚の当事者その家族には、嬉しいことです。お茶やお花の習い事や発表会、お子さんの入学式・卒業式も大丈夫です。七五三のお宮参りや、初釜のお席などに是非着こなして、花を添えて頂けばと思います。似た衣装に付け下げがありますが、一般に付け下げは胸と裾の柄が独立して絵羽柄のように続かず、落ち着いた柄付の物が多くなります。

失敗しないための選び方と着こなし

訪問着は着て行く場所が幅広くあるので、着て行く機会により相応しい色柄の物を選ぶ必要があります。また年代の幅広く着られる着物なので、年代にあったものを選びたいです。それでも必要以上に難しく考える必要はありません。披露宴などのお祝い事には華やかで美しい柄を好みで選びましょう。入学式・卒業式、七五三のお宮参りなどではお祝い事ですが、主役はお子様になるので、同じ華やかなものでも少し控えた色柄が好ましくなります。お茶席やお花などのお席には先生やお仲間にどのような柄良いか相談するのも良いです。合わせる帯は正装の着物なので袋帯になります。草履バックも紬に合わせるようなあまりカジュアル過ぎても格が合わなくなるので注意したいです。佐賀錦などの草履バックであれば大丈夫です。