着物の中でも訪問着の手入れ方法

未婚や既婚を問わずに着用する事が出来るのが嬉しい訪問着は、活躍するシーンもとても多いです。ですが、着物となるとやはりふだんから着るものではありませんから、着用後にはどうしたらいいのかと悩む方も少なくありません。お手入れもきちんとしないと、すぐに状態が悪くなってしまうので注意をしておきましょう。着用後はまず、襟周辺や身ごろ、胴裏など全体をよく見てどんな状態になっているのか確認していきます。汚れがないようであれば、専用のハンガーにかけて2~3日部屋干しを行い、本畳をしてからたとう紙に包んで保管をします。夏場や暖房の良く効いている部屋での着用だと、汗もかきやすく汚れやすいですから、その時は特に脇や背中などの状態も確認をしっかり行って下さい。

クリーニングはどれぐらいの間隔で行うのか

着物を着用していく中で、丸洗いが自分で出来るようなものであればいいのですが、訪問着のようなものとなれば、きちんとしたところで綺麗にクリーニングをしてもらいたいと思う事でしょう。着用後に毎回した方がいいのか悩む事もありますが、洗いすぎも今度は生地を傷める原因ともなりますから、汚れていないようであれば一年に1回ぐらいでも十分です。汗をかきすぎたり、食事をするシーンで食べこぼし、化粧が付いたりするなど、気になる汚れを見つけてしまったら自分であれこれとしているうちに汚れが落ちなくなってしまう事もあります。その時は速やかに購入した時のお店や最寄のクリーニング店でどうしたらいいのか対処を聞いておく、染み抜きなどの必要な作業も早めにしてもらえるので安心です。

着用前後や保管にも気をつけておこう

着物着用する前後は誰もが汚したりしないように気をつけていると思いますが、女性であれば化粧の汚れなども付きやすいですし、誰でも多少の汗はかくものです。訪問着などの高価なものであれば、着用した後も状態のチェックを入念にしておかないと、汚れに気が付かず放置しておくと取れなくなってしまう事もありますし、クリーニングに時間やお金がかなりかかってしまう事もあります。また、着用するまでは大切に保管することになりますが、これもきちんと正しく畳んで湿気のない場所を選び、防虫剤なども幾つか用意しておくことをおすすめします。自分で購入したものもあれば、親から受け継いだものなどもあるでしょう。これからも長く大切に着用をしていくなら、着用前後のお手入れや保管にも気を配りましょう。