着物の中でも訪問着の手入れの仕方

訪問着を1度でも着たら、気候によっては汗ばむこともあります。肌着や長襦袢まで汗が付いてしまったら、着物にも付いている可能性があります。長襦袢が化繊で作られていれば、家で洗濯できます。ですが、絹であれば着物と一緒にクリーニングに出すことをおすすめします。1回着ただけだかから、汗もかいていないしとそのまま仕舞ってしまうと、変色する場合があります。すぐには色の変化は分かりませんが、1年から2年後に箪笥から着ようと出してみたら茶色になってることがあります。絹物は特に吸湿性が高く、なにも手入れをしないで仕舞っておくとカビが生える原因にもなります。まず直接部屋に日が入らない場所で、半日から1日吊るしておき風を通すようにします。それからブラシや柔らかいタオルなどでほこりを払います。

クリーニングに出すかどうかを決める

着物用の衣紋掛けを使って吊るしたときに、ブラッシングをして陰干しをします。ブラッシングは細かな汚れを生地の繊維から掻きだす効果があります。専用のブラシかカシミヤ用のブラシで、上から下へとなでるように払い落とします。この時、同時に汚れやシミがないか注意して観察します。もしもシミを見つけたら、クリーニングか悉皆屋へ持って行きましょう。染み抜きをしてもらう場合、そのシミの原因が分かっていれば伝えるようにしてください。訪問着を洗う場合、洗い張りという1度縫ってある糸を解いて洗う方法を選んでください。丸洗いはホコリや皮脂などを取る洗い方ですので、汗やカビなどが付いてる生地をきれいに洗うにはこの洗い張りまたは水洗いと呼ばれる方法にします。水で洗うことで生地についた不純物を落とせるので、新品のような洗い上がりになります。

訪問着を仕舞うときには本だたみで

肌着類は家で洗うことが出来ます。手洗いできれば万全ですが、肌襦袢・裾避け・和装ブラジャーなど洗濯機が使えるならば、洗濯ネットに入れて洗いましょう。長襦袢に付けてある半襟は外して、刺繍がある絹製のものはクリーニングに出しましょう。ポリエステル製なら手洗いします。訪問着を収納する場合、本畳みにします。袖畳みや夜具畳み(大名畳み)などは一時的に用いられる畳み方で、着付け前や着物の準備するときなどに使う畳み方です。箪笥に仕舞う時も、良いものほど湿気が溜まらない様に上段の引き出しに入れるようにします。また帯とは別々に収めるのが基本ですが、どうしても場所がなければ帯を上に置くようにしてください。本畳みにしてから、たたむ紙ごと専用の保存袋にいれます。暫らく着ない様な時にも、土用干しや虫干しを行うようにしましょう。