着物の中でも揃えておきたい訪問着

着物には、様々な格と種類があります。振袖、留袖、小紋などの染めのもの、紬などの織りのもの、浴衣もその中に入ります。たくさんのある種類の中で、ぜひとも揃えておきたいものはなんでしょうか。それは訪問着です。染めの着物で、未婚、既婚を問わず着ることができます。また、準礼装としての格もあります。華やかで美しいものから、落ち着いた品のあるものまで、年齢に合わせた装いを楽しむこともできます。また、着ていく場所によっては、帯を変えることでカジュアルな雰囲気を出すこともできます。和服に興味があってこれから揃えていくことを考えるなら、ラインナップの一つとして挙げておきましょう。高額なこともあり、すこし敷居が高いように感じるかもしれませんが、実際には着ていくシーンもたくさんあり便利な着物なのです。

訪問着とはどのようなものですか

大きな特徴としては、未婚、既婚の区別なく礼装として着用ができることです。生地は縮緬かりんずが使われ、柄は絵羽模様といって、広げると一枚の絵のようになっているのが特徴です。帯の上にも下にも柄が出るようになっています。古典的な柄もあれば、モダンで現代的な物もあり、色も華やかで明るい物から、落ち着いたトーンの物までさまざまあり、その中から自分に似合うものを選ぶことができます。もともとは、背中と両袖に家紋を入れることが慣例としてありましたが、家紋を入れると色留めそでと同じ格となり、そうなると着ていく場所が限られてくるため、紋を入れずに仕立てることのほうが多くなりました。合わせる帯は、袋帯が一般的ですが、金糸や銀糸の入った華やかな名古屋帯を合わせて着ることもできます。

着ていくシーンはたくさんあります

着物を着るときはどんな時でしょうか。あらたまった席に行くことが多いのではないでしょうか。訪問着はそのような大抵のシーンに対応できます。結婚式にゲストとして招かれている場合や、入学式、卒業式などの礼装が必要な席にも着ていくことができます。また、華やかなパーティーなども、ドレスやワンピースではすこし物足りない場合にぴったりです。さらに、観劇や食事会、お茶会などにも良いでしょう。和服は高額なものです。仕立てたものの、着ていく場所がなくてタンスに仕舞ったままにしている人も少なくありません。それならば、着ていく機会がたくさんあるもの、礼装として一枚は必要なものをまず揃えておくのが賢いやり方ではないでしょうか。最初に揃えておくものとして訪問着の一式はお勧めといえます。