着物の中でも訪問着に焦点を当てて解説

洋服を着るのが当たり前の世の中、もしも着物をこれから購入しようと言うのであれば、多くのお店で訪問着を勧められることが多いのではないでしょうか。不思議に思うかもしれませんが、着用の際にしきたりがある中で、未婚や既婚どちらでも着ることが出来ることがまず挙げられます。その次に、紋をつけることで色留袖と同格のものとして着られるようになるのですが、それをしてしまうと着る機会が減ってしまうので状況に応じてどうするかは決めると良いでしょう。フォーマルなシーンでの着用が可能なので、披露宴やパーティー、同窓会や食事会など、誰かとの集まりにも装えるものなので、持っておくとかなり重宝します。購入を検討しているなら、どのような用途で着る予定なのかも考えておくと相談しやすいです。

似ているものもあるので要注意です

着物を探している時に、訪問着を見ているつもりが実は付け下げだったという事もあります。代用として作られ始めたのですが、ほぼ同格ですしあっさりした柄なのでこちらの方が好みという方も少なからずいます。反物のまま絵付けをするため、手間がややかからない分だけ値段も安価になり手に入れやすいです。絵羽模様に似せたような絵付けをした付け下げもありますので、購入前に分かりにくいと思ったらお店の方に確認した方が安心でしょう。高いものだというイメージが付いているので仕方ないですが、つい価格が安くなっているとそちらに目が向いてしまいやすいのは当然です。最初から付け下げだと分かっていて買うのと、実はそうだったというのでは全く違いますので、良く吟味してよいものを選ぶように心がけましょう。

どのようにして選んでいくと良いのか

実際にたくさんの着物の中から気に入る訪問着を探そうとすると、とても難しく感じるものです。特に着慣れていない人からすると、分かりやすい価格という数字か、見た目の色柄がどうかというぐらいで判断がしにくいです。用途にもよりますが、やはり若い年代での購入であれば色も鮮やか、華やかで絵羽模様になっているものを選ぶと良いでしょう。年齢を経てくれば、自分の雰囲気に合わせて色柄も落ち着きのあるものを選ぶようにすることで、すっきりと良い印象を与える事ができます。自分だけで決めようとすると迷いますし、格などの難しい話もたくさん出てきて余計に選びにくくなってしまいますから、詳しい人と一緒にお店に足を運んだり、スタッフともよく相談しながら購入すると良いでしょう。

着物のファンの方に担当者別のコーナーを掲載して部類分けして販売しているので着物選びがよりしやすくなっているのが、他社との違いです。 季節に応じたコーディネートの特集や、在庫処分コーナーなどのイベントも常時開催中なので是非チェックしてみて下さい。帯はお手元確認前のお仕立てを承っております。 京都市内に実店舗も開業中、お気軽にお越しください! 着物・訪問着はぜひ素敵なものを